FC2ブログ

記事一覧

SEKIRO 全エンディング制覇!(ネタバレ)

エンディング
最後のエンディング「竜の帰郷」
苦労しました。
分岐条件が一番たくさんあって、ストーリー展開を進めてしまうと攻略不可になるエンディングだったので
なかなか大変な道のりでした。
これまでのエンディングは、御子さまの願いとして不死断ちをする
つまり、不死の人間をこれ以上増やすことなく、不死の血を断ってほしいというものだった。
しかし、これまでのエンディングは御子さまか隻狼の命を絶つということでしか実現できないものだった。
そこで第三の選択肢として、不死のちから自体を竜に返すという選択を実行するに至る。

人造で不死となった不完全なもうひとりの御子のちからを借りて
竜のちからを返すという計画に隻狼は、主である御子さまの命を預けることにした。
そうすれば御子さまは不死でなくなり人間となれて、隻狼も死なずにすむからだ。

必要なアイテムを集めて、もうひとりの御子からエンディングの条件であるアイテムをもらって
これでめでたしめでたしと
ラスボス戦に50回ほど死ぬだけですんだw
最後のエンディング
エンディング2
あれ?どういうことって思っていると
エンディング3
え!もしかして実際に竜のちからを返しに行くという旅をしないといけないの?
最初の説明だと、勝手に戻っていく感じだと思ってたので驚きでした。
これは”2”ありますぜ!
といえる真のエンディングらしいエンディングでした。

全エンディングを制覇しての感想
アクションゲームで、様々な敵と戦うゲームはたくさんあります。
上手い人は難しいものも楽々とクリアできますが、下手な人はそうはいかない。
かといって、パターンにハメて勝っても達成感や爽快感は味わえない。
何より自分がうまくなったと実感することはできない。
このゲームでも、ハメ技で勝てるボスもいるが、基本的にそれだけで勝ったことは一度もなかった。
なぜなら、とても時間がかかるからw
途中から覚えられるスキルで、「見切り」があるけれど
狙える敵の攻撃は突き攻撃のみで、他の技にはまったく意味がなくダメージを受けることもある。
それら特定の攻撃を判断してうまく対処出来たとき、上達したと言える。
敵の攻撃をガードするよりも、タイミングよく「弾く」をすれば体力を削るより早く体幹というゲージを溜めて
一撃必殺を繰り出せるようになる。
敵の攻撃パターンは無限にあるわけじゃないけれど、状況に応じて変わるから
見て、判断して、動かすをしなければ勝てないのだ。
このゲームをやっていて一番すごいと思ったのは、攻守の交代を意識しなくてはいけないこと。
ただのゴリ押しで攻撃しまくっても勝てない具合が、絶妙だった。
その証拠に、それらを踏まえて周回を進めると苦戦した敵もどんどん死亡回数が減っていった。
ラスボス戦はやはり苦手でしたけどねw

しかし、それもこれも大前提に必要な物があります。
諦めず、折れない心
これさえあれば、このゲームを楽しめること間違いなしです!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2020
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

月別アーカイブ