記事一覧

B級ホラーの顛末

ついにきました
チャプター12であります。
惑星に到着してマーカーをおろすために移動用カーゴを採掘施設の電力を
回復させて、シャトルまで持っていき念力を使って運んできた時と逆に
マーカーをどんどん奥へと運んできます。

ニコルも来ていたのですが、電源ユニットを探している間に
いなくなってしまいます。
電源ユニットがあった採掘作業休憩所ぽい場所でストアと武器強化装置が
あり、セーブポイントまであったことを考えるにここは最終補給ポイントだろうと
できる限り準備を整えて、マーカーをどんどんと奥へと運び込みます。

いくつかの跳ね橋がある広場には大量の敵が出てきますし、かなり大変
奥に進むと崖を挟んだ奥にマーカーを運ぶ最終目的場所がある。
ここは狭い上に大量に敵がでてきます。

敵を撃退してやっとマーカーを運び終えると、ニコルがあらわれて
ありがとう的なことをいいながら、光の中に消えていきました。まぼろし?
ぼぉ~っとしてると警告音が鳴り響いたので、とりあえずルートに沿って
ガラス張りの部屋に入ると滅菌られるようなガスを浴びせられて
シャッターが閉じ、それが開くと脱出ポッドで逃げたはずのケンダラが
部屋の前にいました。

設置したはずのマーカーが戻っていく・・・
ケンダラは悪者ぽく、マーカーはもらっていくさようならなんとか言って
そして衝撃の真実をアイザックに告げていくのです。
マーカーとともにアイザックが来た道を戻っていきました。
アイザックがいる部屋からはもう戻れないようなので、別の出口から追いかける
そんな形になったが、どうもこの星自体がやばい雰囲気を醸し出してる

ルートに沿っていくと、採掘作業休憩所に戻ってきました。
やはりここが最終ポイントだったのでしょう。
ここまでで消費した薬品と弾薬をできるかぎり補充して外にでます。

シャトルの前までくるとアイザックが転倒するくらいの振動が起こる!
起きあがると、ケンダラがタラップをあがってシャトルに乗り込もうとしてるのが
見えたが、夕日がみえる崖がある方向にはもっと驚愕するとバカでかい敵が
現れた!!
あれがカイン博士やケンダラが言っていたハイヴマインドという敵だろう
触手がケンダラをぺちって感じでタラップから落とされますw
そして今までみた触手よりも太い触手で落ちたケンダラははじき飛ばされて
壁に激突してバラバラにされてしまいました。
しかし、このゲームでは人間側の敵はバラバラにされる運命なのですねw
散々スピーチしていたマーサー博士なんて気づかなかったのですが
死体を敵に変える敵にとりつかれて敵になったらしいのですが
私は気づかないうちに敵になる前にぶち殺したらしい
実況プレイでみたがなんだかなぁ^^;

とまあ脱線したけれど、当面の敵がすごい雄叫びをあげて襲いかかってきました。
触手があるということで、黄色い場所を探すと
口があるまわりに黄色い房が5つついてるのが見つかったので
パルスライフルで狙うもなかなか当たらない;;
それでも3つまで撃破すると、今度は触手が足にからみついて空中に持ち上げられる。
片足を持たれたまま残りの房を狙うのがこれまた難しく必死で狙って
パルスライフルが弾切れになる頃に撃破すると、広場に放り出された。

第二形態
ハイヴマインドは左右の触手を交互に叩きつけてくる攻撃
次の黄色い房はお腹にある肋骨ぽいものに守られている場所にある
今考えると冷静に触手はよけれたはずなのに、ボコボコにされて
5つある房の4つまで撃破したところで回復薬が切れてしまい
さらにHPも残りわずかになってしまう・・・
ここで逆に冷静になれて左右の触手を華麗に・・・とまではいかないが
かわしまくり、唯一の遠距離武器であるプラズマカッターで
房を撃破!!!
ぶるるんと震えてハイヴマインドは崖底へ消えていきました。
もういい、HPもやばいしシャトルにのって逃げようと
タラップを駆けあがり、シャトルに乗り込み急いで惑星を離れました。

エンディングぽくなり、ひとりアイザックはヘルメットをはずして
ぼんやりと最初にみたニコルのビデオメールを腫れ物に触るようにそっと消して
私がほっとしているところへ衝撃の結末を与えて
エンド・・・
スタッフロールがながれていきました。

セーブして今日はここまで
全体を通しての感想はのちほど
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック