記事一覧

フォールアウト4 その15ネタバレ

レールロードはインスティチュートと敵対しています。
なぜなら人造人間を使って連邦の平和を乱しているから。
だから、第3世代の人造人間は普通の人間として生活できるように記憶を書き換えているのだ。
その人造人間が望むと望まざると勝手に強要もしくは、その方向にもっていくらしい。

ディーコンとそういった悪さをする人造人間のクエストで、捕まえる対象者が判明すると現場に向かうことになります。
今回の対象者は水上を拠点としたレイダーたちのボスだそうです。
レイダーの拠点を攻略するのはお手のものなので、あっさりとボスまでたどり着きます。
ここで本来なら即戦闘に入るのが常なのですが
今回はボスがしゃべってくるようです。
ガブリエル

ここで伝家の宝刀である人造人間に使えるスペシャルキーワードを使います!
要するに、緊急停止コードというもの
文字どおり動作が停止します。
いきなり動かなくなったボスに手下はもちろん激昂して向かってきますが、ものの数ではありません。
ディーコンがボスを回収して新たに記憶を上書きするようです。
ん?
なにか違和感があったのですが、このときの私は気づかなかった。
それがわかったのは、もう少し後になってからだった。

レールロードは人造人間のことに詳しい。
すなわち、コーサーのチップを解析してインスティチュートの座標を割り出すこともできるかもしれない。
レールロードに入るきっかけになったのは、当然コーサーのチップが鍵になっていた。
レールロードもコーサーと同じく人造人間の回収が目的なのだが、コーサーの戦闘能力にはかなわなかったらしい。
そこへチップを持った主人公が現れたものだから、驚愕したといっても過言ではなかったのだろう。
fo4-10.jpg

ここにいるコンピュータの解析に詳しい男にコーサーのチップを解析してもらうことにした。
しばらくして、解析結果を受けとったら
はい。さようならとできたけれど、クエストとかあるならやってしまうのがゲーマーの性というものでしょう。

そしていよいよバージルにチップを手に入れて座標が判明したことを告げると、転送装置の設計図をもらうことができた。
さて、これを誰に作ってもらうかだが…
レールロードはあり得ない。なぜなら敵対してる組織のインスティチュートには、今まで場所がわからなかったからこそ攻撃をしようという気になれなかっただけである。
敵のアジトが判ればどうなるかは想像に難くない。
他にこういったものを作製してくれるとしたら!
そう、プレストンと一緒にいたスタージェスだ。
彼に依頼することした。
スタージェス

スタージェスは設計図をみて、どういうものかあっさり理解したようだ。
すげぇ優秀な人だわ!
必要な材料を集めてくるように言われたので、各地の居住地を転々としてかき集めた。
ビルドシステムによってあっという間に完成した転送装置の微調整をスタージェスにやってもらい、ものすごい電力を消費するテレポート装置の完成です!
テレポート装置

こころの準備をするために、いろいろとすべきことを
一通り終えてから、いざ行かんインスティチュートの本拠地へ!
そこでは以前受けたテレポートカルチャーショックよりも、驚きの真実を知ることになるのだった!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック