記事一覧

フォールアウト4 その4

プライトン一行とともに、帰り着いたサンクチュアリ
ビルド1

しかし、廃屋だらけのここを拠点に人が住むにはいろいろと改修をしなくてはならない。
すなわち、住みよい町づくりである!
今作からできたシステムで、ワークショップという作業台がある場所では
敵を全滅させると、一定範囲内をいろんな建物や設備を設置できるようになるのだ。
当然ながら、それを作るためには材料が必要である。
そこで、解体というコマンドがでてくるのです。
要するに、自分の持っている武器からガラクタ、はてはくずれた壁や家自体でさえ
解体して材料としてしまえるのだ。
解体した材料はワークショップへと収納されることになる。
ワークショップ

これにハマってしまって、息子捜す目的はどこへやらw
ひたすら解体しまくり~の、更地になったところへ家をたて~の。
と、やっていました。

このシステムはとても楽しいのですが、いまいち操作性が悪い。
わたしが操作をよくわかってないからなのかもしれないが、作った物を
設置するのがピッタリとできない。
さらに、もうボロボロで穴だらけの壁なのに、なぜか解体できない場所がたくさんある。
あげればきりがないほどに、もっとこうしたいあーしたいという部分がでてくるのが
このシステムの残念なところです。
スキルを覚えれば作れる物が増えるらしいし、アイテムをみつければ新しい物を作れるらしい。
らしいとしか言ってないのは、私がそういう方面のスキルを取らないからわからないためw

ひとりしきりハウジングというか、町つくりを終えることにしました。
なぜなら、材料がなくなったからw
どんなゲームでも希少な材料というのはでてくるもので
そのせいで銅とかねじとかギアがほしいーという欲求がでてくるのです。
鉄とか木材は有り余るほどになるから、探索のついでに拾ってくるものは
必然的に、解体して使える材料になるものを優先することになります。

じゃあ息子捜しにいくか~と
旅支度をはじめていると、コズワースがお供しますと言ってくる。
前回ではドックミートが仲間になっていたが、お供としてパートナーはひとりしかつれていけない。
悩んだ末に、コズワースにすることにした。
それなりに付き合いの長さがあるほうを選んだというわけ。
旅立ち

さあ、町つくりに必要な材料を・・・
ではなくw息子の手掛かりを求めて旅立つのだ!
旅立ち2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック