記事一覧

そーらを自由に飛びたいなー♪

あれから月日は経ち
そろそろ3つのエリアが飛べるだけでは
どうにもならなくなってきた。
となると、メインクエストを進めなくてはならない。

私はメイン白なので、サブクエストはほぼそちらで消化してきたのですが、それでもなかなかレベルはあがらない。
本来なら、エキスパートルーレットがなくても
ハイレベルルーレットをこなせば効率のいい経験値がもらえるのですが、IDいくほどの集中力がもたない。
端的にいえば、そんなことよりギャザクラの素材を取ったり、素材を加工してるほうが楽しいし、楽なのだw

FCでやっている飛空艇コンテンツも
持ってくるアイテムが第一の目的ではなく
そのコンテンツをみんなでワイワイしながら
やることが楽しいのでやっている。
だからといって、アイテムがほしくないわけじゃないけどねw

それはさておき、次のアバラシア雲海は
北方面はメインクエストを進めないと行くことさえ叶わない場所
レベルをあげて、やっと話が進むと
今度は蛮神戦へと突入することとなった。
ビスマルク1
まさに雲海を泳ぐ白鯨!

敵の巨大さゆえに、ギミックを操作しなくては
攻撃することさえままならない相手だったが
何度もはねあげられながらも、アンカーをうちこみ
敵に近づいては集中攻撃!
全滅することなくクリアできました。
ビスマルク2
この左右にある鎖を奥の砲台で、打ち込んで引き寄せるというのを途中で気付いたw

お話のゆくえは、ついにガレマール帝国の登場となり
役者が揃った格好となりました。

ここらへんから、私はまだほぼ挑戦してないエンドコンテンツであった
バハムートについて語られるのですが、ムービーの知識以外で初めて理解できてきた感じになってきました。
ヤシュトラ新衣装
いいなぁ小柄だと似合う衣装ってあると思います!

そうそう、以前の
メインクエストで消息不明だった
人もひとりだけ発見されて、イゼルと交代でPTに入ってきました。
その人に用意された衣装がすごくかっこよくて
私もほしい!と思った瞬間に、即似合わないだろうと結論がでたw
絶望した
絶望した!


物語は低地ドラヴァニアに移り、今まで名前だけはでてた?シャーレアンという都市に到着しました。
ここはアルフィノたちが以前暮らしてた都市だけど
住民全員が退去してしまったらしい。
けど、今はゴブリンや流れ者が住み着いてる模様
シャーレアンのゴブリン
気のいいゴブリンがたくさんいるよ!

ここ低地ドラヴァニアはアバラシア雲海とは逆に
東西を大きな河によって分断されている感じ。
しかし、アバラシア雲海と違い、イディルシャイアという
拠点によって繋がってるので往来はできるのだ。
そもそもエーテライトがイディルシャイアにしかなく
低地ドラヴァニアにはないために、クエストをこなすのに
場所が東か西かで、最初はずいぶんと出口を間違えたw
ほどなくして、3.05のパッチでイディルシャイアから
低地ドラヴァニアへ即移動させてくれるNPCがでたけれど
東側しか移動させてくれないので、面倒なのは
ほぼ変わらなかった。

結局、風脈を見つけつつメインクエストを進めて
空を飛べるようにするのが一番なのだ。
さあ、進めよう!
出てきたのはFFシリーズを昔からやっていると
知っているキャラだった!
BGMも懐かしい!
なぜこの人のもとにきたかというと
敵のいる場所に入るために、マナカッターという装置を
つくる必要があるからだった。
その技術を封印した書物はモンスターのひしめく図書館の
奥に隠したので頑張って取ってこいということ。
図書館
3.0の中で最初にぶちあたった。まさしく壁だった!

この図書館が今回最難関だった!
道中はたいしたことのない今までと変わらないものだった。問題だったのは1ボスのデモンズブックウォール!!
デモンズブックウォール

初見の人は私以外にDPSにもう一人
今回のデモンズさんも、いつもと同じく吹き飛ばしを
真ん中と左右にしてきますが、次に円形範囲にヘヴィなんかをデバフをしてきました。
戦闘エリアは今までと比べると格段に狭いですが
柵がはってるので、落ちる心配はいりません。

そうこうしてるうちに
移動がままならなくなった!
と思っている間に、デモンズさん自身が本なので
開いた本をパタンと閉じたのです!
知ってる人達は即座に閉じた分ひろがった場所を通過して
デモンズさんの後ろへと移動してましたが
移動がままならない私は、そのまま取り残されて
再び開いたデモンズさんの前方範囲をモロに受けて転がりましたw

なるほど!閉じた瞬間に移動しないと
即死攻撃のえじきになるのね。
倒れつつ理解した私は、結局全滅したので
リトライして、今度こそ!
胸に誓ってボスのもとへ。

また転がりましたw
今度の敗因は、後ろにまわろうとして
デモンズさん自体をすり抜けてやろうとしたことです。
いつもの雑魚モンスターなら、敵に当たり判定がないので
容易にできることが、ボスには通用しない!
無情にも本に阻まれて、また転がった。

三度目は、移動がままならなくなると書いてましたが
それはボスが床を氷にするからなのです。
そうなってしまうと、つっーっと滑っていき
ある程度しないと止まれなくなるのだ。
これによって、やっと閉じた本の隙間を通過したのに
操作ミスにより再度本の前に戻るという愚行をおこなって転がります。

その後何度かうまくいきそうで、いかなくて
転がったのですが、覚えてないw
気がつくと、制限時間を半分使ってました。
もちろん、失敗のたびに改善して挑んでいるのですよ。

初見とはいえさすがに厳しいかと思ってたが
7度目くらいに、やっと移動がうまくいくようになり、クリアにこぎつけました。

そのあとの2ボス、ラスボスははっきり言って、印象に残ってませんw
デモンズさんは印象的な敵ですが、今回ほど明確に記憶に残ったのは初めてでした。

お話は進んで、ついに魔大陸アジス・ラーへと突入します!
ムービーではなんやかんやとあったのですが、ネタバレなので割愛w
魔大陸アジス・ラー
あきらかに文明が違う建物がならぶアジス・ラー

さあまた風脈を探す旅が始まるよー
ということで、メインクエストを進めつつ探索していきます。
どうせ最後の風脈をとるにはIDとか討伐戦をしないとダメなんだろうなと思っていました。
しかし、私を阻んだのはそういうものではなく
単純にレベル制限でしたw
風脈のほうはメインクエストと探索だけで集まるという、今までとは打って変わってのやさしさw

とりあえず、これで全エリアが飛べるようになったので
60になるのは後回しにして、ギャザクラのほうをあげることにするのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック