記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生獣

寄生獣1

ブログあっぷ遅いけど
映画版寄生獣を観てきました。
今もアニメ版が放送中のこの作品。
どうやら今回と次の完結編の構成でやるらしい。
まず、原作との相違点は主人公の父親がすでに死んでいて
母親ひとりで育ててることになっていた。
さらに主人公の恋人役が性格的にかなり強気な設定だったり、主人公との最初の寄生生物が遭遇するのが犬ではなかったりと結構違いがあった。

寄生獣2

当然、その違いによって話は違う展開をみせる。
しかし、原作を知っている私でも過程が違うゆえの結果として作品を楽しめた。
別物としてみるかぎり、わりと成功したのではないかと思う。
たしかに二部構成になっている為に、終わりかたがやや半端に見えてしまうのだけど、そこは映画の時間制約というものだろうし、無理に完結させる方がまとまりが取れないというものだ。

設定が違うことで、より母親への愛情が前面に出されていていいものになっていたと思う。
寄生生物の捕食シーンや残虐表現については、残念ながら日本映画なら、そんなところかという感じでした。
海外ドラマをみてると、お金のかけ方が違いすぎる。

見せ場としては、アクションシーンだと思う。
原作では寄生生物が変化した武器は刀みたいな感じだったけど、切りあった音からは、肉がぶつかり合う音だった。
あと、見えないほどのスピードバトルというほどでもなかったのは迫力がイマイチでした。
しかし、女教師の一撃でしとめるシーンは一瞬だけど迫力があったな。

総評として、十分原作を踏襲しつつ、実写化されてると思いました。

最後にツッコミたかったところ
女教師の正体がばれるシーンにて
原作だと母親だけなのに、両親で家にアポなし訪問していた。
父親いらなくない?と思ったが
父親は自分の娘の変化に気付けなかったけど、母親は気づいたことを強調したかったのかとは考えた。

原作をみてもらうキッカケにはなりそうな映画でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。