記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へばりついたのを剥がすのは難しい

トラムに戻っている途中にケンダラから通信がはいり
早速SOSが受信されたらしく、軍艦がこちらに向かっているのがレーダーでわかった
奇跡か偶然かと聞かれたら、そんなわけないやろ~と言って上げようw

当然偶然なわけはないとは思うが、今はそんな場合ではない。
ともかく通信装置を復旧させるべく、アンテナ施設に向かうことにする。

アンテナ施設に向かう途中で、ケンダラが不可解な上昇する物体をレーダーで確認したという。
そして、何者かがケンダラとの会話を傍受しているとも。

さて、アンテナ施設に到着すると、制御室らしき場所からガラス張りになっている階下に
通信アンテナが放射状に広がっている広場が見える。
ケンダラが言うには壊れたアンテナが多数あるが、生き残っているアンテナを
円形に配置しなおすことによって、必要最低限の通信ができるパワーをまかなうことができるように
なるらしい。

無重力空間でのアンテナ設置作業を終えて、制御室に戻ってアンテナを稼動させます。
軍艦からのメッセージを受信したようです。
すかさずケンダラがアイザックに向かって、制御パネルを使って私たちの船の座標を送信して!と
言ってきましたので、たぶん実行したのでしょうw

すると、軍艦からはこちらが放出した脱出ポッドを回収して、こちらの船に向かっていると言っている
それを聞いたケンダラは
なんてことなの!それはザックが敵を封じ込めたポッドのことじゃないの!!
あ~いって、こうなる。そ~いくとこうなる・・・
とかく人生回りまわって、そーなるようにできているとか言ってしまいたくなる状況であるw
ケンダラはとにかく脱出ポッドを開けない様に警告しようとしますが
軍艦の電波に比べて、こちらの船の電波はアンテナが本来の数より少ない為に弱い為
相手に届かないようです。
ケンダラはアンテナ施設を覆っているドアを開けて、電波を増幅しようと試みますが
ドアは開かないw
非情であるwww

ケンダラが調べたことによると、船の外部装甲版しなわち今開けたいドアの上に
どでかい物体が鎮座しているということだ。
近くにあるカノン砲座に向かい、物体を排除してほしいとケンダラに言われた・・・
また~あの砲台に座るのか~
前に隕石撃墜をやったときに懲りたのになぁ~
などといっても仕方がないことなので、おとなしく砲台に座って
敵を確認!!
言い表すとしたら、饅頭にあの何度も足をすくわれて引きずられた触手が5本ほどでている
そんな物体が外部にいました。
カノンを一発試しに当ててみると、ぶるるんと震えて触手を伸ばして
手近なものを触手でつかんではこちらに投げてきました^^;
弱点はいつもとかわらず黄色い節を狙うのですが、やはり砲台の操作が難しくなかなか狙えません
それでも、今回は一度死んだだけでクリアできましたw

触手をすべて失った物体はゆっくりと船から離れていきます。
そこへケンダラから通信がようやくドアを開放して、増幅した電波で軍艦に呼びかけます。
必死で回収した脱出ポッドを開けないようにと、警告したのですが
軍艦から応答があったとたんにケンダラは
なんてこと!開けてしまうなんて!!軍艦がこの船の正面に向かってきてる!!!
衝突する!アイザック逃げて~
言ってるうちに、こちらの砲座からも軍艦がみえて、ゆっくりとこちらのこの場所に突き進んできたw
どっか~んと、吹き飛ばされるもなんとか直撃されなかったらしく砲座の機密性は保たれていた。

さっきのケンダラのところはたぶん画面でも見えなかったが、軍艦と通信が繋がったと同時に
TV電話ぽく相手の船の状況も見て取れたのでしょう。さながらポッドが開いてる状態とか・・・

さて、なんとか安全な場所まで避難してみると、行方不明になっていたザックから通信が
ケンダラも驚いていますが、どうやらなんらかの妨害によってザックとの通信が遮断されていたようで
さっきの軍艦衝突によって、それが停止したということです。

そして、こちらの石村救出任務を正式に放棄すると言いました。
いまさらw
ザックがいうことには、乗組員デッキにシャトルが用意されていたらしいといってる。
操縦するためには、特異点コアなるものが必要だそうだが、衝突した軍艦なら見つかるだろうと
ザックは軍艦に乗り込む為に衝突場所に向かうということだ。
ケンダラがザックを手助けしてほしいとのことなので、仕方ないので同じくザックと合流すべく
衝突場所へと向かうことになる。

脱出用シャトルがある。なんだかそれに乗れそうな気がしない感じではあるが
かすかな望みにすがるようにアイザックをひた走らせる・・・

セーブして今日はここまで

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。