記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼログラヴィティ

0g-1.png

この映画は近年みた作品で、もっとも登場人物が少なかった。
ほぼ全編通して登場するのはサンドラ・ブロック演じるライアン・ストーン博士と
ジョージ・クルーニー演じる・・・名前忘れたw
まあ、そのふたりの宇宙船外作業者いわゆるスペシャリストって人です。

ストーリーは単純明快にして、簡潔なもの
「宇宙から地球に帰還する」
これだけw

たったそれだけの話なのに、かなりひきこまれてしまった。
3D映画であることも十分魅力のひとつになっている。
3Dの特性である奥行と飛び出す演出がやっとうまく表現にむすびついてる
作品に出会った気がしたという感じ。

物語は
ストーン博士たちがスペースシャトルで何かを修理していたとき
遠くでロシアが自国の衛星を自爆させたことによって
破片がスペースシャトルがある場所を通過することになってしまう。
博士のこだわりで撤収するタイミングが遅くなったことによって
破片がスペースシャトルを直撃する。
はずみで博士の命綱も切れてしまい、宇宙に放り出されることに・・・
というか、私は船外活動する人はみんな姿勢制御の装置を持ってると思ってた。
ジョージ・クルーニーのほうは持ってたから、よけいそう思ったのだ。
宇宙ではかぎりなく抵抗が0であり、加わった力は自力でとめることができない。
よって、放り出された博士はぐるぐるまわりながら、飛ばされていく。
CMではここがクローズアップされてたけど
本当の危機感はその後からだったなぁ。

ジョージ・クルーニーに助けられて、スペースシャトルに戻ったけれど
すでに破片によって破壊されてしまってどうにもならなくなったいた。
そこでISS(国際宇宙ステーション)まで曳航してもらうことになった。
時折ストーン博士からの視点になるところとか
3Dでされる表現に見入ってしまった。

その後も破片による被害は様々なトラブルを引き起こして
ストーン博士は絶体絶命になり、自暴自棄になって
ちょっとおかしくなってしまう。
観終わってみれば、ちっさなツッコミを入れたくなる部分はある。
しかし、宇宙では常に死の危険があるところをものすごく体感できた気がする。
いつもなら中だるみしてしまうような部分が少なからず、どんな映画にもあるはずが
今回はまさに始まりから終わりまで一気に過ぎ去った感覚でした。

細かくつっこみしたくなった部分
スペースシャトルの乗員が、死んだ人を含めても4人だったこと。
ISSなのに、誰もいなかったこと。
大気圏突入がでたらめでも助かるところ。
中国製なのに、きちんと機能したところ。

3D表現と、宇宙での緊迫感がうまく合わさって
1+1=3とか4になった作品でした。
0g-2.jpg

サンドラ・ブロックのスタイルが年のわりにすっごいよかったw
さすが女優だなぁと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。