記事一覧

うろ覚えでデッドスペース3その3

デッド3-5
チャプター2
脱出船のUSMユードラ内で目覚めたアイザックは
軍曹のカーヴァーとともにブリッジに向かった。
途中艦内アナウンスでエリーがこの部隊に所属してたことを知る。
彼女はとある惑星にマーカー事件を解決するカギがあると信じて調査に向かった。
その後2週間ほど連絡がなく、エリーからも連れて行った他の隊員からも
通信が途絶えたままだった。
目的はそのエリーたちの部隊を所在を確かめて、安全を確保することである。

ワープ航法から離脱すると、船の前方に衛星がみえた。
衛星を回避してみると、無数の船の残骸がうかぶ宙域に出てしまう。
船を照合してみると、200年前の船まである。
そんな中から救難信号を受信することができた。
その船に向かって進行するも、前方に無数の機雷が立ちふさがってしまい
回避することは不可能になってしまう。
必死に隊員とともにアイザックは船からまたも脱出する羽目になったw

優秀なエンジニアであるアイザックの提案により
USMユードラから隊員の集まった部屋だけ切り離すことにした。
宇宙空間に放り出されて、加速されたアイザックに機雷と船の残骸が
突っ込んでくる!
というか、突っ込んでしまう。
なんとか避けたり、迎撃して生き残った隊員たちと救難信号のでていた船の近くに
向かうことができた。

無事脱出できたところで
チャプター2終了
つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック