記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディカルエリアは地獄絵図

チャプター2に進みました。
トラムを降りると駅に目が見えなくなった女性が死んだ人と寄り添って
倒れています。
その人が死に際にもらったのが、新たな技である念力ぽい力
特定の物体を引き寄せて持ち運ぶことができ、投げることもできます。
さっそく通路をふさいでいる瓦礫を撤去しました。

メディカルルームに続くドアの前がバリケードによって封鎖されています。
通信でそれを伝えると、別の通路からいけるエリアに
爆薬と点火装置があるので、それぞれを集めてバリケードを破壊して進めということ。

ここで特徴的なエリアが無重力実験エリアと無酸素空間
船体が壊れているので、宇宙空間と隔壁を隔てて宇宙空間を通らないといけない。
ここで初めて酸素残量が表示されて制限時間が背中に表示されます。
慎重な私はアイテムがある場所をある程度取ったら引き返してセーブしてますw
そこを抜けると、広い円形空間に出ます。
装置を起動させると、重力が0になり、物が浮き上がりますが、アイザックは
靴に仕込まれた装置のおかげで床に立つことが出来ます。
そこをぬけると薬品保管室のようで、敵を排除して無事爆薬をゲット

次にベットルームがある診察室へいくと、何かの実験室があり
新たな敵、赤ちゃんエイリアンが出現!
背中から3本の触手をだして、攻撃してきました。小さいので狙いにくい・・・
どんどん奥に進んでいくとやっと点火装置をゲットできてからの帰り道
狭い通路からわらわらと小さな敵がいっぱい出てきました・・・
銃だとどうにも手に余るようで、背中にすっごいたかられて一瞬にして
背中から食い破られて上半身が吹っ飛んで死んでしまった・・・
恐ろしい・・・

今度は見かけてからすぐにドア付近まで戻って、各個撃破に変えました。
なんとか倒して、やっとバリケードを破壊
エレベーターを使って死体安置所に向かいます。
ここにきて、やっと念力をうまく使える技だと認識できてきました。
なぜかというと、敵はある地点までいくと出てくるのが多いので、気になるものが
落ちていてもそばまで行かずに、こちらに引き寄せれる念力は便利なのです。

さて、死体安置所に到着・・・
手前にボロボロになってる死体がいっぱい・・・
奥の手術台に真新しい死体が横たわっている・・・
近づくと、別の場所からエイのような敵が現れて手術台の死体に取り付くと
あら、びっくり、敵に大変身!w
ガラスをやぶって襲ってきます!こちらがそれに対応していると、エイは別の死体に
取り付いて、さらに敵を増やしていきます・・・
うわーーーと思っているうちにやられました。

だめだ。あのエイは死体を敵に変えるみたいなので、死体はバラバラにしないと・・・
いやな作業ではあるが、近づくとエイが現れるので、先に念力を使ってこちらに
死体を引き寄せて、ストンピングでバラバラにします;;
なんとか、最初に敵になるやつは倒して、エイも蜂の巣にします。
やっと目的であった船長のRIGをゲット

さらに進んでいくと、恋人のニコルが残したビデオログを発見
まだ生きているのかはわからない状況だけど、ホラーものだとフラグぽい気がするねw
さて、演出にも残酷なのがまた登場;;
隔離された手術室に入るとまだ生きている人が・・・
手術室でなにかしてるようだと思ったら、近づいてみるとこっちを向いて
メスで首を切って死んじゃいました・・・
こえぇ~
今までのホラーゲームじゃそんな演出みたことないよ・・・
幸い隔離されてるようで、中には入れなかったので敵になることはないかな
さらに進むとやっと元のバリケードされてた地点に到着

ザックの通信からRIGを送信して解析した結果がでたようだ。
それによると、敵はこの船の下にある惑星から何らかの方法で船に移ってきたらしい。
そして、どうやら敵の影響によって、船が衛星軌道上から徐々に下降しつつあるという。
よって、機関デッキにアイザックに向かってもらってほしいとのこと。
ザックはなんとか軌道修正を行うらしい。
トラムに乗って、機関デッキに向かってセーブ終了
今日はここまで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。