記事一覧

サイレントヒル4その2

サイレントヒル3
こいつが主人公

さて、へんな地下鉄から帰ってくると
部屋にちょっとした変化があった。
なんと入居したときから動かしたことのない備え付けの家具を
どかしてみると、隣の部屋がみえるのぞき穴が開いていた。
覗いてみると、隣に住む女性がみえた。
別にえっちなゲームではないので、それがどうしたってことだけどw
さらに、玄関のほうから変な音がすると思えば
玄関ののぞき穴からみると、隣の女が廊下を掃き掃除してる。
あとは、どかした家具に隠れてた壁に前の入居者のらくがきがあった。

しかし、それらが何を意味するのか今のところわからない。
電話の音がする。
受話器から異世界であったシンシアという女性が
駅に入れるようになる切符コインを手に入れたと連絡があった。
というわけで、またバスルームの穴から異世界の地下鉄へいくことにした。

さて、大まかにいって地下鉄は
2つの駅へいく改札口のある周辺
キングストリート駅とリンチストリート駅
2つの地下鉄のホームとその2つをつなげるように
止まっている電車内という感じ。
前回の女子トイレに到着すると
便座に女性のマネキンがコインを持って座っていた。
コインをもらって、駅構内へと入っていく。
シンシアと合流したけれど、どこにいけばいいのかわからない。
やみくもに電車や駅構内を走り回ってると
今回は浮遊する人間のような敵が現れた。
しかも、こちらの攻撃は効いてるようで効いてない。
つまり倒せないのだ。
らちが明かないとはこのことなので、必死で逃げ回っていると
新しい穴を見つけたので入ってみた。

当然また302号室へと戻ってこれた。
どうやら部屋に戻ってくると、失った体力は回復するらしい。
一応は少しは進展があったので、こちらでも何か変化はないかと
探ってみたが、取り立てて大きな変化はなかった。

仕方なく再び異世界へと戻ることにした。
散々迷ったり、殺されたりしたけれど
やっと進める方向へといけるようになった。
シンシアが構内放送で出口をみつけたというので
改札のある方へと向かってみると・・・
改札口のうらにある事務所でシンシアはしんでいた。
何があったのかも言い終わらないうちに・・・

とりあえず悲しい別れだったが、お話の進展はあったので
302号室に戻ることにした。
こちらでの変化は窓の外だった。
異世界の地下鉄に似ていると思っていた場所で
こちらの世界の地下鉄に警察や救急車が集まっている。
何か事故か事件があったらしい。

あちらの世界とこちらの世界はリンクしてるようだが
いまいちどこまでがそうであるのかわからない。
また、シンシアの体には謎の数字が切りこまれていた。
これからどうすればいいのだろう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック