記事一覧

塔の上のラプンツェル

ラプンツェル
普段は映画館でみたものしか、このカテゴリで書かないのですが
今回は初ということで書くことにしました。

何が初かというと、これです!
HMD.jpg
3D映画が見たくて買ったヘッドマウントディスプレイです。
今なら3D対応のテレビもそれなりに安くなっているんですけど
私の使っているテレビと同じインチのものだと、こちらのよりはまだ高いんですね。

3D映画なんて、もはや流行ってないのですけど
どうぜ見るなら3Dという感覚はまだ私の中にはあるようでw
初めてソフトを購入してみました。(レンタルって3D版がないみたいな感じ)
本当は先ごろ出た「アメイジングスパイダーマン」にしようと思ったのですが
間違って、通常版の2Dを買ってしまったので、さすがに3Dを買う気がなくなったわけw

そして、なぜこの「塔の上のラプンツェル」にしたかというと
ネットのおすすめに載っていたからw
3D映画にも向き不向きがあるというのは、ゲームのときにも感じたことだったので
そこを考慮しての選択です。

内容はグリム童話の「ラプンツェル」を題材にしたもの
といっても、私の知識は髪の長い女の子が魔女に塔に閉じ込められていたところを
王子が歌声に惹かれて発見して、なんやかんやで幸せになるってことくらいしか
知らなかったんですけどねw
まあ、ディズニーが作る映画だけあってグリム童話の暗くて怠惰なエロティズムのある
お話とは別物に仕上がっていますw

全体的にミュージカルぽい仕立てになっており、随所に歌って踊る描写があります。
肝心の3Dという点では、やはり奥行があるというだけで
なんというか広がりがある画面になるのはもちろんなんですが
通常とは違い、映像にはまりこむ感覚がプラスされてる気がしました。
映画って、長いだけに途中でダレるということがよくあるんですけど
この作品はほとんど感じないままに終了したので
いい映画だったのだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック