記事一覧

スリーピングドッグス~香港秘密警察~

dogs3.jpg
簡単に説明すると、アジア版のGTA
終わりw

簡単すぎるので、もちょっと補足
GTAはギャングの成り上がり物語だった。
このゲームはプラスLAノワールにもなっている。
LAノワールは警察側の物語でした。
すなわち、主人公であるシェイ・ウォンはサンフランシスコ警察から
香港に出向にきている刑事であり、香港の犯罪組織トライアドを
壊滅させるために、生まれ故郷である香港出身を利用して
トライアドに潜入捜査官として潜り込んでいるのだ。
dogs2.jpg
右がシェイ・ウォン
アジア人な顔つきでしょう。
ほぼ全編にわたって、どのキャラクターもそんな感じの絵柄である。
全体のグラフィックもそこそこにキレイだけど、無駄にキレイってわけでもない。
よく言われるリアルにしすぎてないのがいいと思う。

マシンの進化によって、リアルなグラフィックが紹介としてゲーム記事などで
載っているのだが、どんなにリアルにしても本物のように触れるわけでも
利用できるわけでもないのが、ほとんどなものをリアルにする必要がないと私は思う。
たとえば、たいていのゲームでトイレで大きいほうをすることはない。
そんな動作を入れる必要性がないし、できてもプレイヤーに主人公は食べたら出すんだなと
思ってもらえるだけの機能をつけても、ゲーム自体が面白くなるわけじゃないからだ。
逆にそれをしなくてはならないのをシステムに入れてしまうと、面倒な作業が増えるだけに
なってしまうと思う。

ストーリーは潜入するために幼馴染の口利きから
トライアドの下部組織に入団することになります。
あとはよくある依頼をこなすことで、組織内での自分の地位を高めていく。
平行して、警察側としての依頼もこなすことになる。
一番多いのは、町中にある監視カメラをハッキングして
一か所で見れるようにすることで、犯罪者を摘発すること。
普通、監視カメラって一か所でみれるようになってると思うけど
たぶん個人のカメラを利用してると思うことにするw

ストーリーはそれなりに盛り上がるし、銃撃戦・格闘戦・逃亡・追跡と
いろいろあって楽しいです。
ちょっとした分岐もあるようなのですが、大筋のストーリーが変化するほどの
ものではないと思う。
dogs1.jpg
基本的に車やバイクでの移動なので、そうゆうのが苦手な人はちょっと大変かもしれない。
まあ、後半になると移動距離が長くなるし、お金もあるだろうからタクシーを利用するほうが
楽かもしれない。

総評としては
大きな箱庭の中をギャングらしくやりたいことをするもいいし
警察らしく犯罪者逮捕に奔走するもいい。
こうゆうゲームはちいさなお使いを作業的と思わない人には向いてると思う。
Z指定のゲームだけに直接的な描写は少ないものの、セリフにはガンガンあぶないものが
飛び交うのも特徴といえるw

んと、そんな感じ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック