記事一覧

マックスペイン3その7

mackspain11.jpg
空港内ならちょっとした変装で奥まで入り込めると
思っていたのは「マックス」のあさはかさだろうかw
あっという間に警備に呼び止められた。
しかし、入ってしまえばこっちものと内部へと走っていく。
さすがに他の乗客がたくさんいるなら発砲はできないらしく
荷物のベルトコンベアーにまんまと飛び乗ることに成功した。

よほど警戒していたらしく、荷物搬送路まで警備でいっぱいw
なんとか逃げ切って、空港のターミナル内にきてみても
乗客を締め出してまで「マックス」狩りにくる始末だ。
空港から飛行機の発着場までのトラムからはさらなる増援につぐ
増援がわんさかでてくる。
やっとトラムに乗り込んで一息つけると思ったら
別のトラムで追いかけてくるというしつこさったらないw

発着場に無事到着してみれば
そこはまさに警察というより、軍隊が駐留しているといってよかった。
さすがに全部を相手にするほど「マックス」もバカではないとみえるw
巧みに敵をかいくぐって、専用ジェット機に乗り込むビクターをとらえた。
しかし、ここでも「マックス」はバカ正直なのか、堂々とベッカーひきいる
部隊に挨拶してから交戦し始めるw
ここはベッカーが盾で隠れながらグレネードを撃ってくるので
大変でした。
敵の猛攻をしのぎつつ、グレネードは撃ち落とさないと即死亡だった。
きつすぎる・・・
何十回と死んだあとに、ようやく攻略パターンらしきものを見つけ
お得意のバレットタイムからの銃撃により、ベッカーのグレネードを
至近距離で爆発させると、えぐいことになりながら
ベッカーの体はズタボロに吹き飛んで行った。
さらに、ここの演出を「マックス」というかプレイヤーに
選択をさせるという製作ロックスターらしいやり口だ。

そして、残るはビクターだけ
飛行機に乗って逃げ去ろうとするが
ダシウバの車が「マックス」のすぐそばに横付けされる。
ここからは、拍子抜けするほど簡単だったw
グレネードを乱射しつつ、敵を爆破して
邪魔なヘリも装甲車も吹っ飛ばして、ジェット機に追いつくと
今まさに着陸しようとする飛行機をかすめてビクターが乗った
ジェット機を吹き飛ばすことに成功した。

そこからは「マックス」の出番はなかった。
あれほど活躍した男も決して表舞台には出ることはできない。
ここまでしてきたビクターに対して、「マックス」は
手を出すことはダシウバに止められた。
かわりに足は出したw

一週間後・・・
浜辺の海の家で、酒を飲んでいる「マックス」
TVからは、ベッカーの部隊がおこなっていた
臓器売買が明るみになり、ビクターは刑務所で保釈を待たずして
自殺したと報じられた・・・
「マックス」は赤く染まる夕日に向かい、何を思うのか?
何も語らず、ゆっくりと歩き出した。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック