記事一覧

さあ、ドキドキの探索だ

実は事前に最初の敵に襲われるのは鑑賞済みなので
なんとかパニックにならずにすんだのでしたw
襲われてる仲間だった人たちなど目もくれずに一目散に逃げましたよ・・・

とまあ、エレベーターでのドキドキ体験覚めやらぬ中
第一被害者発見!!
見るも無残に血だるまになって机の前に崩れ落ちています・・・
机にプラズマカッターなる銃を発見!でも残弾10発しかありません・・・
心もとないなぁ・・・
ここでアイザックができるのが、足で踏み潰すストンピングと右手で行うフックぽいパンチw
試しに死体に向かって、ストンピングすると!
どうでしょう~w
死体は真っ二つ~ドカドカ踏んづけるとバラバラになりました~
まあ、実際踏んづけたくらいで人がバラバラになったらえらいことだなぁと思う
ここらへんはゲームぽいといえるw

とりあえず、このゲームはガイドシステムというのがあって、次にいくべき道順が
ラインマーカーのようにマップにも表示されるし、実際の通路とかには光る道筋として
表示されるので、迷うということはない感じです。
しかし、そこはゲームなので、道順にあるわき道にそれるというのも醍醐味というもの

それよりも先に進むロックされたドアの向こうが騒がしい・・・うひw
銃でロックしてるドアの電源を切ってアンロックすると・・・
でた~襲われてる乗組員!
と、クリーチャーです!!
早速わけもわからず銃を乱射!!
敵は細切れになって床におちましたが、残弾は0になった。
なんだかこの先すごい不安になる私
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック