記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンタンの冒険

タンタン
お正月にみた映画の一本目である
「タンタンの冒険」
スティーブン・スピルバーグが監督の作品

3D映画だったのですが、全編フルCGムービーなのは
以前「アバター」で見たことはありました。
しかし、この作品は結果的にはハズレだったといわざるを得ません。

なぜなら、CGにしたときのキャラクターが
tintin.jpg
これw
中途半端にリアルにしたせいで、本来のキャラにあるかわいらしさが
失われてる気がしました。
そして、3D映画は目が疲れるんですよね~w
「アバター」はあの映像美に魅せられて、疲れも気づかないままに
見終わることができましたが、この作品はテンポが悪かったのか
途中で眠くなってしまい、何分かは見てなかったw

アクションシーンで、なんとか目がさめたので
そこらへんはさすがにスピルバーグの作品だと思いました。

しかし、冒険ものなのに、あまりにも驚きが少なくて
ラストも地味だったのはいただけなかった・・・

ちなみに、本屋でこの作品の原作本を見たのですが
TINTINの冒険と書いてましたw
えっ?いいの。これ~とか思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。