記事一覧

連合艦隊司令長官・山本五十六

山本
お正月に見た映画のうちの一本です。
「連合艦隊司令長官・山本五十六」
主人公である山本五十六の役所さんは、コミカルなCMからシリアスな役まで
幅広く演じられているいい役者さんですねぇ。

戦争映画と思うと、海外の戦闘を中心としたものや人間関係の複雑な絡みを
描いたものが多く、見終わると戦争はやっちゃだめだという感想が大半に
なりそうな印象が大きい私ですが、今作はあまり日本が戦争になぜ向かって行ったのか?
という単純なことを、山本五十六という人物を通して映像化した映画です。

その日私は、一日で2本映画をみるというあまりやってないことをしたため
眠かったのですがw
この映画をみて、ぱっちり目がさえましたね。
日露戦争から、パールハーバー、そしてミッドウェイと日本の戦史にはでてくる単語が
どのようにして起こったのか?
映画なので、多少の過大演出も交えていると思いますけど
つくづく時代の大きな流れというものは、どんな有能であれ、地位があったとしても
止められないものなのだと思い知らされました。

今、現代にいて戦争の結果を知っている私がタイムスリップしても
どんなに努力したところで、戦争は止められないと思うと
映画の中で、どんどん袋小路へと向かっていく山本五十六の心境を思うと
哀しかった。

山本2
この映画にはTVでも有名な役者がたくさんでていました。
画像の玉木宏も、新聞社に勤めて軍の記事を書いていましたが
最後には戦争へ徴兵され、焼け野原になった日本を見ながら
終戦後、元の新聞記者に戻って戦争の記録を反芻するのでした。

見終わった後、すっかり夜になっていましたが
とても考えさせられる内容の映画でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック