記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチャーテッド3の感想

前作、前々作とやってきた私ですが
休みだったこともあって、一気にクリアしてしまいました。
しかも初見で上級難易度をですよ。
このところダークソウル一辺倒だったので、銃撃戦のエイムが
なかなかうまくいかずに、慣れるまで時間がかかりました。

今作で驚いたポイントはやはりあのシーンだったかな。
さすがに、エルドラドであったネタではあったけど
あれとは全然違っていたからびっくりしちゃいましたよ。

お話的には2の後の話と思っていいのかなと思いました。
エレナとネイトがゲーム上では明確に語られてないけれど
結婚していたらしいのと、離婚もしているらしいということ。

しかし、ふたたびあのドレイク卿の指輪がキーアイテムになるとは
思いもしなかったですね。
物語はまさにジェットコースターのように駆け抜けるといった表現が
正しいと思えるほどのスピードで流れていった感じですよ。
その分どうにもネイト自身がなぜドレイク卿の謎を追っていったのか?
ネイトは本当にドレイク卿の子孫なのか?
ネイトとエレナの結婚と離婚には何があったのか?
まあ、今でも愛し合ってるのはわかったけどねw

今回、操作性がちょっとオーバーアクションぎみで
何度も思ったところではない方向に飛んだり、向かったりしたのが
少し残念だったかなぁ
難易度が上級だっただけに、後半の敵にはかなり手を焼いた。
そして、今回は銃撃戦より格闘のほうが多かった気がします。
パンチとカウンターと投げを入れることによって、その土台ができたと
思った。
その分ステルス戦闘で静かに気づかれないように倒す醍醐味は
あったけれど、物語的にはそんなの全く関知されてないのが
残念でしたけどねw
なにかというと、静かに潜入するというからサイレンサー付の銃で
忍び込んだわりに、見つかったらドンパチしまくっても
平然と話が続いていくのは2の博物館潜入での、見つかったら一発で
ゲームオーバーがウケなかったから、教訓としてそうなったのかな。
たしかにああゆうのを嫌う人はいるだろうけど、物語を重視すれば
当然だとは思うんですよね。

まあ、ステルスアクションで有名なメタルギアでさえ
少し掛け声があったり、敵がみえてるなら相手にも気づかれるはずだろと
厳密に言えばそうなのかもしれないけれど、ゲームとしては
テンポが悪くなるので削っている部分にツッコむ人が多い。
わかっててツッコんでるならまだしも、本気でツッコんでる人が
いることには腹立たしく思うのだ。

今回のアンチャーテッドでも、あきらかにネイトが超人すぎたw
火事場から決死の脱出劇を演じたり、砂漠を軽装で渡ったりしておいて
休息が一夜だけとかありえないものw

そんな無粋なツッコみは私はしませんよw
むしろ楽しんでやっていましたからね。
たしかにクリアまで9時間ほどというのは値段とか考えると
どうなのかと思ってしまうのかもしれない。
しかし、映画を4回みたくらいと思うとコスト的には安かったし
映画では得られない手に汗にぎる物語を体感ではなく、体験できた。

今回は毎回でていた謎のクリーチャーはなかった。
ホラー要素はないのだw
あと、エレナとクロエのグラフィックが若干アメリカぽくなかった。
男のキャラや敵の女ボスは、まさにアメリカナイズされた顔立ちだったが
この二人に関しては、クロエは中華系?エレナは日本系というかマンガ的な
顔立ちになっていた気がする。

クリアしたけれど、恒例の宝物集めはあるし、オンラインプレイもある。
どちらかというと、あまりオンラインには興味はないけど。
一度くらいはやってみようと思っている。

最期に
苦労してクリアしたゲームは思い出に残るけれど
面白いゲームは一気にクリアしたくなるものである。

んと、そんな感じw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。