記事一覧

ダークソウルその31

引き続きデーモン遺跡にて
燃えるデーモンと格闘中
生者になって、召喚サインを探してみるが
ありませんね・・・
仕方がないので、前にやった召喚されることにより
経験をつむことにしましょう。

サインを出して、適当に敵を倒していると
呼び出されましたよ。
呼び出したプレイヤーさんの私がみる傾向としては
だいたいみんな重い剣を背負って、一撃がすごいなぁ。
といった感想の方ばかりです。

召喚されてるときはエストの壷が使えないのが
一番のネックとなるので、大ダメージはできるだけ
離れて奇跡の回復を行なうようにしました。
しかし、今回のデーモンはなぜだかあの一番怖い攻撃である
熱風攻撃があまりありません。
ジャンプからの落下攻撃が多かったので、かわすのも
回復をする時間も余裕で取れたのは勝因でしょう。
なにげに初召喚されての勝利です。

この勢いにのって、私も行ってやるとばかりに
乗り込んでいきましたが、思いのほか敵のリーチが
長くて、回復してる隙にガツンと一発で昇天しましたw

気持ちが萎えかけたけれど、再度挑戦!
今回は結構順調に立ち回って、見事勝利することが
できましたよ。
ドキドキ感が半端なかったね。
とりあえず奥に階段が上と下へと続いているので
上から攻略していくと、一番上には明らかに中央に乗って下さいと
言っているような円形の昇降機らしきものがあります。
ここは乗らずに下の探索にいくと、木の枝が道になっており
下へと続く大きな通路へと合流しています。
通路の先には、また霧のエリアがありますね・・・

デーモンやって、あまりエストの壷もないけど
お試しだよとばかりに入っていくと、中は溶岩だらけで
敵はまたもや燃え盛るムカデでした。
どう考えても溶岩には入れないし、敵には呪術が効きそうにない。
とりあえず炎耐性をあげてから、敵の動きを観察します。
近づけないし、回避するスペースもあまりない場所で
敵はすごいリーチで攻撃してきます。
炎のダメージはいくらかは貫通するので、ジリ貧にしかならない。
結局溶岩に足を入れたらお陀仏でしたw

デーモン遺跡はまた次にするということにして
最後の封印があった巨人墓地に向かうことにしました。
ショートカットがないので、敬遠していましたが
そうもいってられないからね。

苦労して封印のあったエリアに入ると
また狭い崖にある道を進んでいくことになる。
しかも邪魔するように骸骨が柱のようになってる敵がでてくる。
狭い道の終点には弓兵と巨人骸骨が待ち伏せていて、骸骨柱も
地面に隠れてから、私のうしろに登場するという作戦を決行された。
当然挟み撃ちになってしまい、回避するだけの幅はない道で
やられました・・・
次に弓兵をこちらも矢で倒して、ここを突破すると
広い空間の先になにかの魔法を撃って来る敵がいます。
近づくと面倒そうなので、弓矢で倒すことにしました。
見える範囲の敵を倒して水辺を横切ろうとしたら
小さい骸骨に周りを囲まれて、動けなくなったところを
猛毒にされて死にました・・・

なんというコンボ技を使うやつらだ!
今度は水辺には絶対に近寄らないようにして
奥にあった霧のエリアへと入っていきました。

ムービーが始まると、そこがどこだかわかりました。
以前、棺に入ると巨人墓地に移動させられた大きな遺骸がある場所
というか、ボスはその遺骸であるニトであったw
ここでは骸骨兵士が一番うざかったです。
どんどんわいてくるので、本体であるニトになかなか接近できませんでした。

なんとかニトに近づいたら、もう呪術のオンパレードで文字通り灰にしてあげたw
こちらも結構ギリギリで倒せたからよかった。

さて、いい感じで区切れたから次回はもう一度書庫を調べにいこうかな。

んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック