記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークソウルその20

思い出したこと
まだいける場所に巨人墓地があったな。
でもあそこは暗いから明かりが必要だよ。

センの古城をふたたび探索することにした。
この古城は古典的なワナのオンパレードである。
まさにワナの城だな。
一番のキモはアイアンボールが落ちてくる仕掛けである。
進みたい通路をアイアンボールが転がっているので危険極まりない。
前回きたときは落ちるボールを追いかけつつ、別の通路に入って
探索していたが、今回は元を断つべく仕掛けが落ちてくる方へと
ダッシュした!
どうあっても一度だけは巻き込まれるのだが
即死するほどのダメージじゃないのが救いだった。

アイアンボールの仕掛けは天井から落ちてきたボールが
ゴルフのようにティーに乗っかって、4方からビリヤードのように
撃ちだされるというものだ。
ティーの部分にレバーがあり、それを操作することで4方に向きを
変えることができる。
とりあえず、まったく探索に影響がない方向に軌道を変えておく。
さあ、探索再開だ。

どんどん上へと上っていっていたのに
気がついたら下に降りるしか道がなくなっていたw
あきらかに下に雷を使うマモノがいるぞ。
下は沼地みたいなので、事前に沼地を動ける指輪を装備して
着地と同時に戦闘開始!
毎回ちくちく攻撃でしか倒してこなかったこの敵だが
今回はガチンコだ!
こいつの一番の脅威はジャンプからの落下攻撃なのだ。
しかし今回こいつは飛べないw
天井がある場所なので、飛ぶことは出来ないのだ。
近づいてしまえば、振り回す攻撃をガードして呪術でKOだ!

沼地を進んでいくと、リザードマンたちが雷を放ってくる。
壁に隠れながら、こちらも弓矢で対抗して退治したが
その奥には2体の雷のマモノがいた。
うんざりしたけど、角の壁を使って弓矢でちくちくw
なぜかというと、こちらのマモノがいる場所は天井が高いから。

退治して唯一あった梯子を上っていくと
屋上にはセンの古城の門を開けた巨人がいました。
開けてくれてありがとうと言おうと思ったのだが
言葉は通じないらしく、こぶしで語り合いたいらしい。
こちらも炎のこぶしで殴りつけておとなしくさせました。

結局一度焚き火に戻ってから
再度古城探索へと赴くことになった。
なぜなら、この古城には焚き火がひとつもないからだ・・・
古城の屋上へと続く霧のエリアをくぐっていくと
前方に巨人がせっせとアイアンボールを穴に落としてるw
ここまでくる途中で
アイアンボールは仕掛けを動かしたから大丈夫だと
思っていたが、どうやらそこへいく道を通ると
設定がリセットされてしまうらしく、また一度はダメージを
受けて、仕掛けを動かすことにした。
今度は別の方向へと軌道を変えてみると、壁に穴があいて
先へ進めるようになった。
しかし、そこにはカギのかかった吊るされた牢屋しかなく
また今度となっただけだったw
しかも、この壊す壁は敵と同じく焚き火にいくと
リセットされて、また塞がるらしい。

ということなので、あの頑張って穴にボールを落としてる
巨人は倒しても意味がないということなのだ。
矢が無駄になるだけということで、先に進むと
途中の階段にヒントがあり、炎に注意とあった。
うぎゃ~っとダメージを受けてから意味がわかったが
この注意は間違いだろ・・・
間隙をぬって、このダメージの根源をちくちく退治しました。

途中でNPCにあったが、どうやらウダウダ戦士と同じく
使命を放棄して、商人に転向したらしい男がいました。
言ってることはむかつくが、アイテムはありがたいので
購入することにしました。
一通り探索もおわって、残るは霧のエリアだけです。
ここはボスってわかっています。
なぜなら別の角度からエリアの先に仁王立ちしてる
でっかい騎士がいるからですねw
焚き火もないので、いけるところまで頑張るかと
入っていきました。

前作にも同じようなボスがいましたが
あれと比べるとミニチュアサイズですねw
呪術が活躍した結果、エストの壷を使い切っての勝利です。

その直後に私は連れ去られましたw
到着した先はアノール・ロンド
かぼたんを殺した犯人がいるという場所ですよ。
残念ながら生者ではないので、そこへ侵入することができません。
とりあえず、もう回復もないから、ここには焚き火が
あることを祈って、探索していきます。

ここにはさっきのボスのさらに小さい騎士がいます。
ボスが5mとしたら、こいつらは3mくらいでしょうか。
動きはのろいけど、ジャンプとかの動作は速い。
気をつけさえすれば怖い敵ではありませんね。

このアノール・ロンドはとても絶景ですねぇ
ムービーで全体を映し出していたので、そのキレイな町並みが
一望できました。
途中でやっと焚き火をみつけると、そこには焚き火を守る人が
いました。
戦士ぽい格好ですが、声は女性のようですね。
町並みを見た感じで、ここも広そうだと思ったが
あっさりと探索は終了w
行き止まりにはデーモン遺跡でみた明るいエリアがありましたが
ここも王によって封印されているようです。

できれば、生者に戻ってかぼたんの仇を取りたいのですが
あいにく人間性がまったく取れないw
次にいくべきは、センの古城でボスから手に入れたカギを
使ってみようと思ってるくらいですし、消費した矢を購入するために
ソウル稼ぎをしなくてはいけないなぁ。
んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。