記事一覧

ダークソウルその16

門の先へと進もうと思ったのだが
考え直して、またソウル稼ぎにいってきました。
前回病み村の沼地のただ中に、私に呪術を教えてくれた人の
師匠のような人がいたのですが、師匠だけあって
さらにいろいろな呪術を知っているし、触媒のパワーアップも
限界を超えてあげてくれるみたいなので、ソウルが必要に
なったというわけだ。

とりあえず、稼いだソウルで呪術の購入と
パワーアップを少しだけ行なってから
焚き火も近いので、新しい場所である飛竜の谷へ行ってみた。

ここは小ロンド遺跡に抜ける近道だけど
谷というだけあって、細い道しかなく足場が悪い。
しばらくいくと、大きなつり橋がある先に
お宝発見!
しかし、なんかドラゴンの死体がありますよ。
ああ、もしかしてあの赤いドラゴンがここに落ちて
死んでいるという演出かなと思ったのですよ!
わ~い、お宝おたからと喜んで取りにいくと・・・
ドラゴン動き出した~~~
とっさに防御!
ローリングで回避と思ったが、やばい落ちると
さらに防御したらスタミナ切れてガードが出来なくなったところへ
重い一撃が飛んできた・・・

戻ってきたぜ!
もうばれてるだけあって、今度は翼がひらひら揺れています。
最初はそんなことなかっただろ!w
こうなったら~チクチク戦法だ。
弓矢でちくちく~矢をたくさん買っておいてよかった~
体力あるくせにソウルはたいしたことなかったよ。

また細い道を降りていくと、今度は少しおおきめの青ドラゴンが
いますよ。
今度のドラゴンは雷タイプらしく炎の変わりに電撃を放ちますね。
おちついてやればそれほど怖いタイプではないけれど
その先にあった石橋の奥にいる3体のドラゴンは誘い出して
なんとか勝利!
でも、大きな門に閂がかかっていて進めないな
他にルートもないようだから、今度こそ巨人が開いた門へと
向かうことにしました。

門の中はセンの古城という場所
いきなり古城の洗礼を受けて、呪術で対抗します。
ここの敵も雷が得意のようで、リザードマンまで雷使いますよ
でんきトカゲかなw
そして、その先にある細い橋にはペンデュラムが配置されてますよ!
大きな鎌の刃が振り子になってゆく手をさえぎってます。
それだけならいいが、奥にはリザードマンがいて雷でけん制してきます。
橋の途中で弓攻撃しようとしたら、雷をガードしてるうちに後ろにあった
ペンデュラムに押し出されて、落下しましたw
運がいいことに助かったのだが、下は沼地で動きがとりにくくて
そこには以前2度ほど戦った雷のマモノがばっちり陣取っていましたとさw

今度は弓矢で足場がいいところから狙撃して、こちらがリザードマンを
下へと落下させたり、ペンデュラムのえじきにしてあげました。

さらに進んでいくと、なにかが転がる音がしてると思ったら
奥にある下り坂を鉄球がころがっていますよ。
落としてくる敵がいるのかと、鉄球の落ちてくる間隙をぬって
坂の上へと走りこんで倒してみたが、どうやら鉄球は機械仕掛けで
延々と落ちてきてるらしい。
何度か悩んだ末に、別のルートを発見すると
以前センの古城へ入れなくて佇んでいたふとっちょ戦士がいます。
今度は鉄球がはやくて先へ進めないんだと言っております。
でも、自分でどうにかしようとは思わないで待っていればなんとか
なるだろうと、完全に尻馬に乗っかろうという魂胆がミエミエである。
まあ、そうなるだろうけどさw
出来ればメッセで他力本願とか死ねばいいのにとか書きたかったが
あいにくそんなメッセはないので、デブとだけ書いておいた。
その後鉄球と戯れること何度目かにおいて、やっと奥まできたような
感じなのだが、扉のカギがないので行くことは出来ない。
途中はまさに鉄球がおちていく場所を下ったり上ったりで
何度も踏み潰されかけた。
さらにここでは初めての体験をしたのだが
体験した感想だけ言うと、レベルあげてたのは正解くらい、かなw
この古城にはうさぎの耳を持った特長的な戦士の像がたくさんある。
私にはこれはなんらかのフラグで、突然動き出すのではないかと
気が気ではないw
ともかく、カギがなくては先へ進めそうにないし、鉄球をかわしつつ
もう一度戻るのは不可能ぽいと思ったので、帰還アイテムで
戻ることにしました。

そうそう、アイテムを敵が落とす確率を高める指輪を拾ったので
この際だから、今度は武器などの強化に必要なアイテムを
集めることにしました。

んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック