記事一覧

ダークソウルその10

前回考えた通り、最下層に行くことにしました。
暗くてじめじめしてる場所は苦手ですね~
リアルなら絶対行きたくないですもの。

ここは迷路のようになっている為、全体の構造が把握しにくい。
途中霧のエリアを抜けると魔法使いがいました。
あ~!前にドラゴン戦で上からちょっかいかけてきたのはコイツか!
近付けばなんら問題ない敵だった。

で、目的であるドラゴンはどこだったかと探していたら、穴に落ちたw

ここは前回きた時に、目玉のでかいカメレオンのような敵がいた場所。
吐き出すガスを浴びすぎるとダメらしいので、必死にかわしていたが油断した隙に呪われた!そして死んだ…

どうやらこれが呪死というものらしい。
HPが半分しかなく、生き返ることも出来なくなった。
これではドラゴン退治は無理だろうと一旦最初の焚火まで戻ってきた。
呪死解除には解呪石か、小ロンド遺跡にいる誰かに解いてもらうらしいが、石を以前買った気がしたのに、気がしただけだったようだw

転んでもタダでは起きないというように
呪死を活用して小ロンド遺跡の幽霊退治に向かった。
幽霊は呪死状態でならダメージを与えられるのだ。
HP半分なので、いつも以上に慎重に進んでいく。
途中、幽霊らしい突然現れては囲まれかけるのを回避しながら、霧のエリアを突破。
しかし、その先の梯子から足を踏み外して落下死…

焚火の前で休憩中
やはりHPが半分というのは厳しい・・・
単純に受けていいダメージが少なすぎるということ。
そして、プレイヤー心理としての厳しさだ。
なにかというと、最大HPがあるときは少しのダメージくらいでは
回復薬を使わないで進んでいけるが、HP半分の場合は
少しでも厳しくなるから回復したいけど、未探索の場所を
進んでいるときには、いつ焚き火で回復できるかわからないので
出来る限り回復薬の消費をおさえたいというわけだ。
回復の遅れによって、死んでしまうことさえあるってこと。

小ロンド遺跡を攻略するには呪死状態でいる必要がある。
現在呪死状態だけど、HP半分にならずに呪死状態にしておける
アイテムを少ししか持ってない。
出来ればどこかで調達できないかと考えていた。

そこで思い当たったのが、ある場所でショートカットを開通したときに
格子でふさがれた先に亡者がいると思って、つい攻撃してしまったのだ。
当然相手は怒ったついでに逃げながら罵詈雑言を投げかけてくるように
なってしまった。
もしかしたら、あれがアイテム売ってくれる人だったかもしれない。
そんなわけで、相手の許しを得るために免罪してくれる人にソウルを
謙譲することにしました。
これがまたバカ高いが、少しの苦労でなんとかなる額ではあったので
頑張って貯めることにしました。

んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック