記事一覧

ダークソウルその2

不死街という場所の焚き火までたどり着いた。
ここでまたもやでっかいマモノ、もといデーモンに出会うのであった・・・

最初はとりあえずいける場所をゆっくりと探索しつつ敵を倒していく。
ここでもひっそりとアイテムを扱ってる露店がありました。
ここまできて思ったことは前回入手したシミターでは城砦の通路など
狭い場所では不利だということだ。
このゲームは武器にも防具にも耐久力が存在する。
使っていたり、攻撃を受けていれば最後には壊れてしまう。
しかもこの耐久力は敵に当てた場合だけでなく、壁やオブジェに
当たった場合も判定されるらしい。
それに、シミターは振り回す剣なので、狭い通路では壁が邪魔して
少し敵に当たるのが遅れるのである。
出来るかぎり攻撃を受けないのが基本のゲームにおいて
ザコの一撃さえ受けたくはない。

そんな理由でまずはスピアを購入
簡単にいえばヤリである。
突き攻撃なので、壁が邪魔にならず、振り回すより
断然攻撃が速いのが特徴

さらにチェーン装備一式ぽい防具を購入したが
これはあきらかに失敗でした・・・
私のキャラはすばやく移動してヒット&アウェイが信条
チェーン装備は初期装備よりも重いため、動きがにぶくなり
ローリングもあきらかに遅くなってしまった。
売るという選択がないので、仕方なく頭の装備だけチェーンにしました。

さて、霧の封印がある場所と焚き火の場所を何度となく往復しては
ソウルを稼いでレベルアップをします。
この往復でだいたい1レベルアップできるソウルが稼げなくなるまで
やってから、いざ霧を抜けて先のエリアに突入しました。

城砦の塀にある通路のような場所にでましたが
すぐ近くで矢が飛んでいる音が聴こえました。
周囲をみても誰もいないのに、音だけが聴こえるのは不気味w
注意深く上にも視線を向けてみると、梯子が上にのびています。
どうやら上に敵がいるらしいので、あがっていくと弓兵がいました。

なんとか撃退して通路の先に向かうと・・・
どこからともなくデーモンがあらわれた!
最初のデーモンとほぼ同じだが、頭が牛らしい。
通路いっぱいの大きさなので、戦う場所はさっきの梯子の上が
広くて最適だと思って、ダッシュではしごをあがって待ち構えます。
でかい図体なのに、あっさりジャンプしてあがってきましたw

戦闘開始!
と思った瞬間に死にました・・・

再度挑戦!
しかし、振り回す棍棒攻撃がほとんどかわせません
だめぽ

次に役立つアイテムである火炎ビンを使います。
結構なダメージを与えてるのですが、途中で底をついて負けw

ソウルを稼いで、露店から火炎ビンを購入
ここまで何度もやっていると、途中の敵でも手抜きになってしまい
負けることさえあります。
なんとか、十分なエストの壷を残して、火炎ビンを持ったまま
デーモンとご対面しました。

途中で振り回した棍棒で吹き飛ばされて、はしごの下に落ちて
そのままデーモンも追ってきたときはもうダメだと思ったが
奇跡的に攻撃をかわして、火炎ビンを投げ続けて撃退できたときは
ここ最近ないくらいの興奮とドキドキ感を味わうことが出来ました。

ドキドキを抑えつつ、通路を先に進んでいくと
バルコニーぽい場所にひとりの鎧をきたおっさんが
たたずんでいます。
太陽の使途と自ら名乗っています。
ちょっとイタイおっさんらしいけど、お互い協力しないかと提案してきます。
受けると、前作でもあった召喚アイテムをくれました。
特定エリアでオンラインなら他のプレイヤーを、オフラインの今は
このおっさんを呼べるらしい。
おっさんと別れて、反対の通路をみると
橋のような通路の中央に敵が陣取っています。

デジャヴがよみがえりました。
前作でも同じようなところで、ドラゴンが炎を吐いて橋の上は丸こげになるという
演出があったのです。
でも、少し間があったはずだから大丈夫・・・だと
少し走ったとたんに橋が炎上しましたw
おいしく焼けてねぇよ!

ソウルを回収しに、再度橋まできたのに回収したら死にましたw
ドラゴンの咆哮が聴こえてからダッシュで元いた通路の脇に隠れようとしたが
まったく間に合わずw

ドラゴンは巨体なのに、橋の先にある城砦に座っています。
これはどうしたものかと考えたが、死んではソウル回収して
また死んでということを繰り返した結果!!

ダッシュで敵中央突破して、すぐ脇にある下に降りる階段に身を隠すのが
正解ということがわかりました。

橋の下を慎重にすすんでいくと、不死街の奥ぽい場所にでました。
通路の奥にイノシシのような敵が!
すでに気力もエストの壷もない私に勝てる見込みはなかったw

次はこのイノシシ退治をどうするか考えるか・・・
んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック