記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークソウルその1

発売日に売り切れてたので、一週間後くらいかなと思ったら
今日売ってたので買ってきた。

早速キャラメイク
1時間かけたキャラがフリーズで消滅・・・
これが、ネットで話題になってたフリーズか・・・
2度ほど試してみて、PSNにつながってると自動的にオフラインプレイだろうが
勝手にフリーズになって進行しないらしい。

3度目の正直で
PSN自動接続をOFFにして開始

どうやら牢獄らしく囚人のうめき声がこだまする。
その一番奥の牢屋にうずくまっていた主人公
不意に天井から囚人が放り込まれる。
あっという間に息絶えた囚人の持ち物を探るとなんと牢屋の鍵がw
なんでやねん!
というツッコミをする元気もない主人公は薄明かりの中
フードをかぶっているが、ちらりとみえる顔は死人のようだ。

ここから動かせるので、鍵を使って牢屋から出ると
所持品と操作を確認してみる。
操作は前作のデモンズソウルとほぼ同じなのだが・・・
直前にやっていたHUNTEDというゲームの操作が弊害になってしまうことにw
床に書かれたチュートリアルを読みながら通路を進んでいくと
囚人が通路でウダウダしているw
唯一持っていた刃先が折れた剣の柄で殴りかかるとあっさりと殺せました。
牢獄の中庭らしき場所に出ると、焚き火があります。
今回はこれがセーブポイントぽいものらしいですね。
体力が全快します。

階段を上に上っていくと、すっかり油断していた私に
アイアンボールがごろごろ~っと転がってきてダメージですよ!
ダメだ!油断しちゃダメなんだよ。このゲームはw
落としてきた囚人を撃退して、ボールが壁にあけた穴に入ってみます。
すると、デモンズソウルのパッケージイラストのような騎士が
壁に横たわっています。
騎士はもうすぐ死ぬらしく、遺言として不死の使命とかいうのを
かわりにやってほしいとお願いしてきました。
なぜかY/Nがでますけど、どうせNoにしてもだめなんだろうから
考えないで、YESにして受けました。
かわりに、エストの壷という回復薬を頂ましたよ。

そういえば、中庭の正面に扉があったので、そこに入ってみますと
でっかいマモノがご登場!!
前作でもあったけど、これは負けイベントか!?
と思ったけれど、頑張って戦ってみる。
すごいダメージだけど、一撃でやられるわけではないから
エストの壷を使いつつ、攻撃をかわす。
しかし、武器が折れた剣ではむりw
敵が振り回す棍棒ぽいものをかわしていると、壁に穴があいてるのを発見!
すかさず逃げることにしました。

通路を進むと、途中の囚人からシミターという片手剣と盾を入手
前作と同じく、次のエリアにいく演出として霧を通り抜けるのですが
抜けてみると、下にさきほど逃げたマモノが!
上から攻撃できたら楽だけど、どうしようかなと思っていたら
立っている足場をくずされて下に落下してしまった。
あわあわしてるうちに、さきほどいったHUNTEDの操作と間違えて
薬を使いまくったり、ダッシュできないと思ったり、武器をしまったりと
踏んだり蹴ったりで死にましたw

再会は焚き火の地点から、ここまで得た経験値ぽいソウルは0になってしまった。
このゲームではソウルがすべてといっても過言ではなく
お金のかわりでもあり、経験値のかわりでもあるのだ。
しかし、やられた地点にいけさえすれば、まだ回収可能なのだ。
再度挑戦!
ソウル回収には成功したものの負けましたw

3度目の正直とはよくいったもので
3度目でなんとかギリギリ倒すことができました。
マモノが落とした鍵で、奥にあった扉をあけると
崖の先で大きな鳥に連れ去られましたw

つれてこられたのはどこかわからんけど
前作と同じように先人の戦士が座っている広場にきました。
戦士が言うには不死の使命とかいうのを達成するには
上のほうにある鐘と地下にある鐘を鳴らせばいいらしい。
断片的でまったく理解していないのがわかる説明だなw
私も理解してないから仕方ない。

いきなり地下にいくのは怖いので、崖にある階段をのぼっていく。
というか、焚き火があった目と鼻の先に敵がいるとは思わなかったw
上のほうは石造りの建物がある城砦ぽい場所でした。

ビクビクしつつも、まだまだ単純な敵の攻撃を撃退していきます。
とりあえず、次の焚き火の場所までこれたので、ここを拠点に
ソウルを稼いでレベルあげと、装備の新調を図ろうかと思っています。

んと、そんな一日

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。