記事一覧

デッドスペース2プレイ日記その19

太陽光発電パネルにいくために
よくわからないけど、ドッキングポッドが所定の位置にないため
無重力エリアを移動して、正しい位置に移動させることになった。

無事ドッキングポッドを修復後

明らかに今まであったエレベーターとは広さの違うのに乗り込む。
さらにどんだけあがるんだよと、武器を構えながらいたら
窓が割られて、酸素タイマーが発動!
敵は割れた窓から攻撃を仕掛けてきました。
ラインガンが弾があまっていたので、装備していたが
弾の速度が遅いからよけられてしまうw
仕方なくプラズマカッターに切り替えて、なんとか窒息する前に
エレベーターから脱出しました。

着いた先にはセーブポイントとストアがあり、なんて親切設計w
奥の扉に向かうと、センサーが作動して扉がロックしてしまう・・・
アナウンスが言ってることはわからないが、意味はわかるw
どうやらアイザックの身分ではこの先にいけないようだ。

そういえば、ひとつだけ寝室があって、死んでる死体があったので
キネシスで運んできてセンサーに当ててみる。
あっさり扉がロック解除されて通れるようになりました。
機械なんてそんなもんだw

扉の奥にある通路には電磁バリアみたいな柵が作動してます。
これは物が当たると爆発するようなので、適当なものを・・・
というか、死体をぶち当てて破壊しましたw

同じような通路が続いているところに、エリーから通信ですよ。
ストロスの扱いにエリーは困っているようだが、放り出されても困るので
なんとか彼は病気だからうまく扱ってくれと説得する。
そこへ別の通信が・・・
敵の組織のハゲであるw
政府区画に向かうことはすでにバレているようだが、電力を復旧させるのも
拒むらしく、いきなり生命維持装置がストップした。
酸素タイマーが鳴り始めると、敵も隠れるタイプがチロチロと横切った。
あせっているが、なんとかダメージを受けながらも撃退して、パネルをハッキングする。
生命維持装置を復旧させて、さらに奥に進む。

さらに進むと、なにやらまたも広い空間ででましたよ。
敵もなかなかの登場の仕方をするため
手汗が半端なくコントローラーをぬらしてしまいますねw
一瞬の判断が命取りになる場面をなんとか回避して
さらに奥に進むと、なにやら施設ぽい雰囲気の場所にでました。

たぶんここが太陽光発電施設
またもハゲの通信が飛び込んできた。
コンピューターに命じて、太陽光発電の設備を無効化する指示をだした。
よくわからんが、停止したものならエンジニアであるアイザックは復旧させれる。
私自身はわからんから、動かせる機械を操作、または破壊するだけですがw

どうやらコンピューターアナウンスが途切れ途切れになってきた。
システム自体をオフラインにできたようです。

エリーとの通信
どうもストロスの様子が大変で、手をやいてるようだ。
アイザックはこれから反射鏡の調整にコントロールポッドに向かうと告げて
通信を切った。

敵の攻撃も突然現れるタイプから、静かに現れたり
壁をうごめいて飛び掛ってくるなど、いやらしい攻撃が増えてきました。
もうドキドキして汗がでるったらないですよ・・・
セーブポイントをみつけても、次の扉までのルートを掃討しておかないと
安心できなくなってますw

そうゆうわけで、セーブします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック