記事一覧

デッドスペース2プレイ日記その18

保育所をぬけて、やっとトラムステーションの
エントランスにまでたどり着いた。

吹き抜けの2階部分にエリーとストロスがいた。
ここでやっと名前以外の自己紹介を行ないあうw
エリーは重機のパイロットで、アイザックと同じCECという会社だったが
今朝この施設から逃げ出してきたらしい。

ここで、急に電源が落ちて辺りが暗闇に包まれる。
電源が落ちたことで、生命維持装置も止まっただろうと
エリーが叫んでいるところで、敵の組織らしきハゲがえらそうに言った。
「逃亡者諸君、駅に着くのは時間の問題だろうと思っていたので、電源を
おとさせてもらった。もはやこの区画は修復不可能なのだから、ここで
死んでもらうよ。」

そこへ前作でも結構苦戦必死で戦ったことのある見るからに堅い装甲と
太い腕をもつ剛腕タイプが現れた!
前作ではこいつの弱点は背中だったと思うが、どうやら両腕に変わったみたい。
突進に苦労したが、撃退できた。
エリーのほうにも敵はいたようだが、そちらも処理できたらしい。
敵の組織はアイザックとストロスの頭にある何かを使って、マーカー
造りだしたということだ。
協力を申し出ると、エリーも電源が止まったままだと生命維持装置も動かないので
そのままだと窒息死が待っているから、協力することになる。

目的はこうだ。
アイザックは電源の復旧するために太陽光パネルにいく。
パネルに光を集めるのはエリーの仕事だ。
電源を回復させ、生命維持装置および列車の復旧を行なう。
ストロスのことはエリーにまかせて、アイザックは新たな目的地へと
エレベーターに飛び乗った。

エレベーターの降りた先では
なんと、今までどちらかしかなかったストアとベンチ、そしてセーブポイントまで
置かれた場所にでる。
なんか厳しい戦いが待っていることしか考えられないが、今は荷物の整理を優先しよう。
お金はまだあるけれど、この先新しいスーツが手に入るかもしれない。
前作では最終的にレベル5のスーツまで出てきたから、今2であるアイザックのスーツは
まだまだ買い換える必要に迫られるはず、そのときになってお金がないとは思いたくない。
節約しておくことにして、変わりにベンチでプラズマカッターの強化をほぼ終える。
ステイシスも当たれば、かなり戦闘を優位に進めれるため、強化する方向でやってみよう。

では、セーブしておきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック