記事一覧

デッドスペース2プレイ日記その13

もうすぐそこにダイナがいるらしい。

扉をあけると、左右からあっという間に動けなくされてしまった。
左右にいるのはダイナの仲間か?
前面はガラス張りの壁になっており、外がよくみえる。
目の前のダイナがなんかしゃべっているが、状況からしてゆかいな話ではないw

ひとしきり話終えると、教会に逃げ込んだときに襲われたガンシップから
めちゃくちゃに乱射された・・・
なぜかアイザックだけは細切れにならずに助かったがw
かわりにガラスが破壊されたことによって、気圧の差による外に吸い出される
状況へとなってしまう。

なんとか床にあるハッチをあけて、排気口をゴロゴロと転がりまくって
着いた先には大広間で逃げたでっかい敵がおでましだ!

ここは倒し方がわからずに十数回死亡しましたw
あと、狙いどころに銃を構えたが、最初に装備してた武器がリッパーで
射程が短くて届かなかったり、武器切り替えて狙っている時間があまりにも短く
弾1発外したら、即死亡という凶悪な仕様であったために
死亡回数がわんさか増えましたw

結論からいうと、弱点はあいかわらず黄色い節なんです。
狙いにくいという点をのぞけば楽勝だったんですけどねぇ・・・
そこから先は
空中をぐるぐるしたり、ガンシップにガンガン当たりまくったりと
ほぼ偶然で、偶然を重ねることによって建物の中に帰ることができましたw

さて、翻訳サイトでさっきまでのやり取りを確認

うーんと、要するにダイナはユニトロジー信者だった。
そして、地球政府はマーカーを破壊できる力をもつアイザックを
放っておくわけがないということ。
そして、それを作り上げてしまった???
破壊できる武器を知らないうちに作ったということなのだろうか?
ダイナはマーカーを全銀河にばら撒きたいらしい。
ということは、前作でマーサー博士が言っていたように
バケモノになることが人類の未来の姿だから、それによって人類の終焉を迎えさせる?
そういう話なのかな・・・

どうやらアイザックの頭には幻覚を見るだけの爆弾みたいな病気が埋まってるだけでなく
そこから地球政府が狙っているマーカーを破壊できる力も
逆に造り出す力も秘めているということなのだろうか。

結局、治療できはするが、したくはないというのがダイナ達ユニトロジー教団の見解か。

一波乱を乗り越えたアイザックに
ストロスから通信が入った。

アイザックは諦めたように、ストロスに向かって治療できるはずの計画が
ただ単に窓を壊して、散々な目に会って終わったと告げた。
ストロスは
「まだだ!まだ終わっちゃいない」
などというw
どうやら、ストロスとアイザックで何かを造った。
何かを壊せるとも言っている。
何かとはマーカーのことだろうか。
どこにあるのか聞くと、行政区画にあるという。
今すぐにいかないといけないらしいが、ストロスにもアイザックにも時間が残り少ない。
そこで通信は途絶えた。

あ、セーブポイントだ。
一時休憩するか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック