記事一覧

デッドスペース2プレイ日記その7

引き続き動く歩道からお送りしております。

たぶん居住区をぬけて、また動く歩道がある場所にでてきました。
もういいっていうくらいに、敵が死体に偽装していますなw
この先にトラムステーションがあるらしい。

むむむ
トラムステーションへの扉がロックでもなく、よくわからん表示をしてる。
どうやら電力が低下して扉があかないらしい。
どうしようと考えてる間もなく、敵がぞろぞろと現れた。
片手を爆発物に変えてるタイプである。
こいつは近づかれる前に爆発させてしまえば一発で仕留めれるのだ。
なんなく乗り切ったが、どうにもカバンの容量が困ったことになってきそうだ。
たった10個の場所に、弾薬と回復薬、そしてストアで高く売れるアイテムなどが
集まってきたので、パンパンである。

爆弾やろうを全滅させると、なぜか電力が回復して扉を開けることができたw
トラムステーションへ続く立体交差の通路を下ると、アイザックが幻覚を見始める。

左右のモニター看板がすべて同じ絵柄にかわったり、プラットフォームがゆがんでいる。
ひとり椅子の背もたれに座っているのがニコルだ・・・
ひとしきり訴えかけて消えていくと、幻覚も消えた。
広いプラットフォームを探索してから、目的地へ向かうカッシーニタワーへのトラムが
停まっていた。
近づくと、中で死体を敵に変えるタイプが死体を食っている。
敵に変わった死体をともに殺してからトラムを動かすために先頭車両に向かった。

自動運転らしいので、装置のプロテクトさえ解除してしまえばアイザックでも動かせるw
あとはひたすら後部車両に敵を倒しながら向かっていくことになった。

しかし、この展開は予想してなかった・・・
何番目かの扉をあけると、車両が切り離されたまま走っている。
前にある車両に乗り込むため、アイザックは飛び出したのだった。
ええ!?
なぜまっすぐ飛べるのだろうw
とりあえず、動けるので前方の車両の扉が吹き飛んでくるのをよけて、乗り込んだ。

さらに奥に向かうと、すごい衝撃でトラムが前方に傾くと、敵がわんさかいる中を
滑り降りていった・・・

トラムに逆さづりで固定されたアイザックはそのまま辺りを見てみると
どうやら倉庫のような場所であった。
敵がぞろぞろ出てくるのを不利な体制で迎え撃つ;;
プラズマカッターを撃ち尽くして、ラインガンに切り替えるころ
固定されてたトラムの中から、さらにでっかい敵が出てきたので
ラインガンをぶちかましたw

敵を吹き飛ばすと同時にアイザックも解放されて、床に落ちるが
トラム自体も落ちてくるみたいなので、必死で逃げて事なきを得る。
敵の落としたアイテムや倉庫の探索を行なってから、ロケーターに従って
倉庫の先の階段をあがっていった先には麗しのセーブポイントw

なんだかジェットコースターのような感じだったけど
結局カバンの容量がやばい。
早くストアに巡り会いたい。切実に

今日はここまで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック