記事一覧

デメント感想その2

最初のアレは思い返せばヒューイが吠えてたとは思うけど
あれが危険だという吠え声だとは気づけないと思うよw

初見殺しは逆にイベント的なので、見たほうがいいですけどね。

次は
ダニエラさんか・・・
あの人はオンとオフがよくわかんない人でした。
追跡者となった時でも、普通に話しかけれたりする場面があり、
そうかと思うと、襲われるというケースもあったらしい。
らしいというのは、私はなぜか絶妙に回避していたw

本来デビリタスのように怪力があるわけでもないダニエラは
武器を持っている。
命名・ガラスソードw
それがある場面で火かき棒に変わるのだが、私は回避してたのだ。
そもそも追跡者に、たとえ追われてない場面でも話しかけるのは躊躇われる。
しかし、話しかけないとストーリーが進行しないという矛盾があったのだ。
だからこその回避したのはブログ的には面白くなかったw
まあ、他人の動画では楽しませてもらったが・・・

そして、リカルドである。
こいつの武器が銃です。
といっても、狙っているわけではないらしく、ほとんど当たりませんw
でも、当たると一撃で死ぬらしいですよ。
追跡者の攻撃はどれも徐々にフィオナをパニック状態にしていくもののため
 一撃死というのはないんですけど、さすがに銃は別のようでした。
ここらへんになると、だんだんと知恵あるので、隠れていても
発見される確率があがってきます。
まあ、ここまでくると逆に完全に隠れるようなことはせずに
扉の影などでやりすごして、距離をとるということをしてましたね。

ロレンツォ
ここで話がよくわかんなくなるんですよねぇ
というのも、リカルド戦後半において、気絶したフィオナは
牢屋にとらわれて、薬をもられてリカルドが見えなくなるという状態になります。
まあ、ヒューイはその嗅覚によって見つけられるので、攻撃自体はできるんですが
リカルド戦が終わった後も私はその効果が続いてると勘違いしてました。

真理の館にたどりついても
そのせいで、敵が見えないんだと思ってたんですね。
そこにきて、あの火薬に引火して吹き飛んだ壁の下敷きになった敵ですよ。
ほんとうなら、車椅子で現れるはずだったのに
しかも、この爆発シーンもイベントで、ロレンツォは見えてたはずらしい。
(動画をみたときに知った)
しかし、私がみたイベントではなにも見えなかったんですねw
だから、敵らしいのがいるけど、フィオナの目には見えてないと思ったわけ。

そして、そのままロレンツォ戦で使うはずだった破砕機をスルーして
出会ったのが、ラスボスでした。

すなわち私はこいつがロレンツォだと思ったのですよ。
だいたいムービーでも車を運転して、両親の車に体当たりしたりと
車椅子に乗ってるイメージではなかったからというのもある。
最後にフィオナだけ助けるシーンもあったしね。

続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック