記事一覧

西遊気をモチーフにしたゲーム 体験版その2

続きです。
タッチの差で船首の方に逃げられた為、崩壊する船尾に取り残された金髪男
ドアはもう開かないので、船体の外側をくまなく調べるとアクションゲームらしく
捕まれそうなでっぱりがあるではあ~りませんかw
こうゆうのを神様のご都合主義というのでありますよ。

とにかくこの飛行機はもう落ちるらしく、ここにくるまでに
警告音とともに脱出アナウンスが流れていまして、それによると脱出ポッドなるものは
@残りいくつと放送されており、続々と脱出していく様もムービーで流されていたのである。
時間が表示されて、制限があるようには見えないが、この手の海外ゲームは日本製のように親切ではない。
制限時間があるなら表示するようなことはしないのである。
それが親切か過保護すぎるかは受け取る側の見方なのであろうが、私は緊迫した雰囲気な場面で
逃げなくてはならない時や敵を追わなくてはいけないストーリーにもかかわらず
アイテムはないかと、探索にいくようなことはしない。
2週目であるならアリな話でも、初プレイでストーリー上の雰囲気を損なっていると思ってしまうプレイは
大反対なのですよ。

というわけで、素早く見つけたでっぱりに飛び移りつつ、船首方向にあるであろう脱出ポッドを目指します。
飛行機の側面を移動して、どでかいいくつもある翼を走りながら、実際なら飛んでるスピードであっと言う間に
後方に吹き飛ばされて死ぬだろうななどとは考えつつもw
右翼から船首の中に入ろうとしたが、入れないのでそのまま左翼を突っ走り、護衛ロボが空気も読まずに
現れては、進行を邪魔しにきた。
ところどころで、エンジンが火を噴いたりもしつつ、最後はサーカス並のアクロバットな鉄棒飛び移りを
披露したりして、ようやく見えた脱出ポッド!

残り一機がすでに発射準備に入っている!
あきらめずに金髪男はボールのような脱出ポッドに取り付いた。
小さな丸い窓から見えた中には、案の定逃げていた女が乗っている。
金髪男が必死に機体をガンガン叩くが・・・
たぶん開けろと言っているのだろうが、それは無理だろうw
無情にも発進スイッチを女は入れる!
が、金髪男もあきらめてはいない!!
脱出ポッドにしがみついて、離れないように踏ん張っていた。


脱出ポッドが落ちた場所はジャングルのようで、よくいう木がクッションになってくれたとかいう
説明が入りそうな感じで金髪男は気絶していた。
まあ、実際それで助かっても骨とかいろいろ折れたりしてるのが普通でしょうけどねw

女も脱出ポッドからでると、金髪男が目覚めるのを待っていた。
金髪男が目覚めると今までの恨み辛みから女を襲おうとして、飛びかかろうとした瞬間
女が金髪男に制止するように命令した。
本来ならそんなことで止まるような金髪男には見えないが、気絶した時につけたのであろうか
金髪男の頭には金属製のバンダナのようなものがつけられており、それが金髪男に苦痛を与える。
苦痛にのたうち回る金髪男に女は話を聞いてくれるように頼むのだった。

苦痛から逃れるため、金髪男はしぶしぶ納得して女の話を聞くことにした。
要約すると、女はある場所に行きたいらしいが、女の私では危険な場所なので護衛してほしいとのこと。
金髪男の頭につけた物もそこにつけば外してあげるから・・・
女は技術者のようで、このバンダナもあの飛行機の乗組員が被らせられていた仮面と同じものを
女の声によって動くように改造したものらしい。

そんなわけで武器に如意棒のようなものを持ち、頭にはワッカをはめられたサルというよりゴリラ男w
夏目雅子のようにつるっと剃った頭ではないが、目的を持ってワッカによってゴリラ男を従えた女
彼らが目指すのが西だというわけかは知らないが、これから大冒険が始まる・・・

と、ここでおしまい。
その後ゲーム内容のPVが流されつつ、この後の冒険にワクワクするような演出であった。
とりあえずヴァンキッシュと、このゲームを体験したのですが
買うとしたら、このゲームかなぁ・・・
ヴァンキッシュは面白いのはわかるのだが、いかんせん結局チャレンジモードはクリアできませんでしたw
あまりにも難易度が高い為に楽しむという余裕が生まれないのはマイナス面になってしまう。
まあ、買う時期がズレるというだけでいつかはベヨネッタのように買うでしょう。
ベスト版がでる頃かもしれないけどねw

んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック