記事一覧

ララクロフト ガーディアンオブライト

PSストアにてDLしたもの
トゥームレイダーシリーズが好きな私としては
これはやらねばなるまいと、さっそくDL!
¥1500でした。

こうゆう値段は安いのか高いのかわからないが、シンプル2000シリーズとか
パッケージで売っているソフトでもそのくらいの値段だからシリーズものとしては
妥当な値段なのかもしれない。

トゥームレイダーといえば映画化もされたゲームですが
映画のほうはイマイチだったと思っている。
1、2と映画化されているが、1の冒頭部分だけは文句なく面白かったのですがw
基本主人公のララクロフトしか出てこないゲームなので、映画化は難しいのではと思ってただけに
まんまと悪い方に当たってしまったのが残念でならない。
しかし、主人公のララクロフト役のアンジェリーナ・ジョリーはぴったりだった。

ゲームのほうに話をうつして^^;
トゥームレイダーといえば、3Dの箱庭型ゲーム
様々なアクションとアイテムを使って謎ときを行っていくアクションアドベンチャーですが
今回は見下ろし型です。
斜め上から全体的なフィールドをみて、小さなララを動かしていくタイプですね。

基本的なアクションは回避・ジャンプ・爆弾設置/爆破・アクション動作
攻撃は武器をかまえるのと、射撃するってのが分かれてます。

お話としては冒険物の十八番である。
ララクロフトは職業としてというか、趣味でトレイジャーハンターをしているから
古代遺跡の探索を行っているのであるが、当然お宝目当ての他の相手も狙っているわけで
今回もまんまとお宝を見つけたところを横取りされるというパターンで始まるw

横取り盗賊共はお宝がなにかも、そこに何が書いてあるかも読めないわかんない連中なので
今回のお宝がある化け物を封印していたなんてことは知る由もない。
お宝を台座から奪い取ると、まさにインドの悪魔といった感じのショロトルという者が復活する。
同じくして、そばにあった禿の石像が復活してくる。
2000年前にショロトルを封印した光の番人トテックだ。
番人らしく封印がとかれた場合に同時に復活するようになっていたらしい。

ショロトルが復活すると古代遺跡の機能が、その力によって復活しはじめる。
トテックによればショロトルが遺跡を脱出して、朝日を浴びることになれば大変なことになるという
お決まりなことをいうので、だったらその前に倒せばいいだけよ!ララらしいセリフから
冒険は始まることになるのだった!

感想はのちほど~

んと、そんな一日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yhkino

Author:Yhkino
ゲームプレイ日記へようこそ
コメントは承認制です。
コメントや拍手がもらえるとうれしいです。
記載されている
会社名・製品名・システム名などは
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017
SQUARE ENIX
CO., LTD.
All Rights Reserved.

最新トラックバック